医療の世界における作業療法士の立場

医学がここまで進歩した時代であっても、治療法がわからない病気はたくさんあります。
診断名のつかない病気も少なくはないです。
作業療法士はこうした診断名のつかない、原因のわからない、あるいは治療法がみつからない病気を抱える人を支援することが得意な医療職です。
医療の世界では医師が病気を治す人として力を持っていますし、事実、重要な役割を持っています。
しかし、原因がわからず治療法がわからない病気に対して医師はほとんどの場合、直接的に何もすることはできません。
作業療法士は病気そのものにでなく、人の作業に焦点をあてているので、病気そのものが治らなくても、診断名がついていなくても作業がうまくできるようにしたり、身体機能が低下しても作業を続けられるようにすることが可能です。
これからの生活で何をしていくのかという見通しを一緒に考えることもできます。
神経難病の方でも作業療法士は疾患を中心ではなく、作業を中心に考えるので自分の生活について相談しやすいという評価を得ています。

骨盤矯正の専門!大阪のリボディ魚住整体院

【そけいヘルニア 手術】検診・手術のご予約受付中です

http://oshimura-dc.com/

最新投稿

  • 医療的な花粉症対策をした時の事

    私はひどい花粉症もちで、毎年市販の花粉症対策の薬をドラッグストアで買って飲んで花粉対策をしていました …

    続きを読む...

  • 医療はどこまで進歩していくのだろうか

    がんやB型肝炎など、昔だったら重病で助からなかった病気でも、適切な治療を受ければ治ることがわかってい …

    続きを読む...

  • ほかの医療職とは異なる作業療法士の強み

    作業療法士はほかの職種と異なる作業という視点で支援、介入できるので医療の中でもユニークな位置にいます …

    続きを読む...

  • 子供が出来た時に知っておくべき医療に関する情報

    怪我をした時や病気になった時に病院へ行って治療を受けた経験は多くの人があると思いますが、子供が出来る …

    続きを読む...

お知らせ

一覧