医療はどこまで進歩していくのだろうか

がんやB型肝炎など、昔だったら重病で助からなかった病気でも、適切な治療を受ければ治ることがわかっています。
これは、昔に比べて医療技術がはるかに進歩しており、誰もが高いサービスを受けることが可能になったからです。
医療はどこまで進歩していくのか計ることはできず、体の欠損した部分をたちどころに治したり、漫画のような技術が確立されると予測されています。
この進歩には、医師や看護師など、この業界に関わる人たちの努力と誠意がこめられており、誰もが医療の進歩を望んでいるからこそなしえた一面があります。
病院にかかった人は、その技術の恩恵を確かに受け、病気なりけがなりを治してもらった記憶があります。
たとえ難病にかかっても、じっくり治療すれば治ることが広く知られていますし、大きなけがをしても命を失うことなく社会復帰できている人がたくさんいます。
これからも技術はどんどん発展し、多くの人がその恩恵を受けることは間違いありません。